俳優の竹財輝之助さんを応援するつっちぃのブログです。竹財さんの情報は、ファンサイト☆StardustMemory☆の方へぞうど(^-^)
プロフィール

つっちぃ

Author:つっちぃ
自由に語り散らかしています☆
こちらに重要な情報を書く事はありません。
ファンサイトとは別物だと考えてもらえると助かります(^^;
ドラマや映画の感想は、基本的にネタバレです。

最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
Twitter

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画を振り返りながらまとめていこうと思っています。
簡単に言ってしまえば結構簡単な映画だと思うんですけどね、ちょっと迷い込むととことん迷う感じ?
まぁ気軽に書いて行きます(^^;

CAST
奈良唯(唯)・・・浜田翔子
白銀貴志(白銀)・・・★竹財輝之助★
大河内一八(一八)・・・大下源一郎
南條大吾(南條)・・・椿隆之
白銀いずみ(いずみ)・・・折原みか
『京都のとある漁村で生まれた唯は、中学時代、剣道の達人として有名だった。
しかし、あるときから体格が太り、メガネをし、引きこもり気味・・・。
唯は20歳になり始めて秋葉原へ旅をする。そこでレースクィーンDVDイベントに遭遇、なぜかスカウトされてしまう。
メガネをコンタクトに変え、ダイエットしていく中で、みるみる美しく変身していく唯。』
ここまでがめっちゃ早かった!台詞もほとんどない。10分ないくらい?
漁村とかなかったし、別に太ってもいなかったよ(^^;
説明的な唯の台詞とか、ナレーションとかがあってもよかったかも。
白銀くんの初登場は、カメラ小僧の中に紛れてました。
でも全然オタクじゃな~い!かっこいいんだってば!!
カメラを構える事もなく、ちょっと浮いた存在。

いずみが暴漢に襲われているシーンが流れる。
病院で辛そうないずみ。
動かない足を引きずって、屋上から身を乗り出す。
車椅子だけが残された屋上に、男が駆け寄る。
足元しか映らないので、それは誰だかわからない。
でもそれが南條だってのはファンにはバレバレなのだ!靴も南條のだったし。

サーキット場のトイレ前。
女子トイレに入っていくRQイジメ組の3人(葉子、京子、里香)を見ている白銀。
化粧を直しながら、3人は唯の悪口言い放題!
白銀くん、トイレ覗くのかと思った(笑)
でも、その悪口を男子トイレから聞いていたのかも?と思わせる感じ。(そんなシーンはないけど)

RQ撮影中。
一八『カワイイ子いるだろ?なぁ白銀?あれ?』
RQそっちのけで車を見ている白銀。
一八『白銀お前何見てんだよ~?』
白銀『FDだけど』(FDって何ですか??聞き間違いかも(^^;)
一八『そっちかよ!』
この時の、車を覗いてう~~んと考えてる風な白銀がなんともセクシーでした・・・(*^^*)
唇触ったりしてさぁ~~♪
それにしても、一八と白銀は何で友達なんでしょう?(笑)
話が合いそうにもないし、どうやって知り合ったのか気になります(^^;

サーキット場の白銀を見つけた唯。昔の事を思い出す。
ここで胴着姿の白銀くん登場♪
面をぐぐっとはずして、ふぅ~~っとタメ息v
この時の口が死ぬほどカワイイ・・・(´д`;
白黒だったんですが、それがまたヨシ!!後でカラーでも出てきます。
このシーンは、新湊中学の剣道部って事なんですよね。
唯はいずみとは中学以来会ってないそうなんで。
ちゅー事は、白銀くんも中学生なのかっ!!??
胴着に名前も書いてあったし、教えてる先生と言うよりは、剣道部員って感じだったんで・・・。
役柄としての年齢が書いてないからわかんないんですよねー(^^;
でもさすがに中学生はないかな~?高校生には見えたけど^^
テルくんって体型が若いんだよね~~。
目がぱっちり開いてると、ホント若く見える!

いずみを襲った3人、その時のDVDを見て飲んだくれ。
これと同じDVDを本人にも送ったんだと・・・コイツら最低です!
ここでふと疑問。
このDVDが送られてくるまでは、白銀と南條は、いずみがどうやって襲われたのは知らなかったのかな?
こんなん見せられたら、殺意が生まれるのは当たり前です!
白銀と南條はそれぞれ、憎しみと疑惑を持って行動に出たんですね。
飲んだくれの3人は、剣道の面を被った男に惨殺されます。
血飛沫がなかなか怖かったです(--;

警察が現場を調べる。
3人の携帯が無くなっている事からして、『怨恨の可能性あり。犯人は3人の交友関係を調べている』という見解に。
いずみの周辺を調べているのは南條も白銀も同じ。
まだ映画的にはどっちが殺したのかわからない。
もしくは2人がグルだったりとか!?

サーキット場の喫茶店でお茶を飲む白銀と一八。
声は聞こえないんだけど、この時の一八の手つきがなんか怪しかった(^^;ボンキュッボン!みたいな(笑)
白銀もほんのちょっと笑ってるんですよね(笑)
アドリブで大下さんがエッチな話でもしてたのかも(笑)
そこにやってくる唯ちゃん!この時の一八の驚きの表情に、会場爆笑!!
∑(@ω@;)←こんなん!?いや、もっと面白い顔だった(笑)
でも白銀の様子はおかしい。会いたくなかった、みたいな・・・白銀くん暗いんだよ(^^;
唯『いっちゃん(いずみ)元気?』
白銀『・・・あぁ』
自殺したとは言わないのか・・・。
やっぱり、何かやましい事があるのか?

そしてまた剣道のシーン。
唯と白銀の対決!
この時のかけ声が、『あ~~~~~ん!』とか『なぁ~~~~っ!』とか『にゃ~~~~~!!』みたいに聞こえてカワイかったのです^^
剣道はかけ声が大事ですからね!何て言ってたんだろ?
白銀『奈良さん、ありがとうございました』
唯『ありがとうございました。白銀くんのお陰で強くなれました』
あれ?『奈良さん』『白銀くん』なの?
ま、唯は剣道の達人だったので、もしかして逆に胸を借りていたのか?
そもそも白銀は、唯の郷里の旧友という設定でしたよね。

気になってスカパーで放送した製作発表を見直してみた。
折原みかちゃん、『しょこたんより年下の役を演じるので』って言ってる!!
唯といずみが同級生なのかな?とも思ってたんだけど。
ちゅー事は、やっぱり白銀と唯は同級生!?
やっぱりそういう事でいいのかっ!?
うん、確かに同級生っぽい雰囲気をかもし出している。
もうそういう事にしちゃおう(笑)
テルくん中学生でしたっ♪♪
初々しい笑顔がカワイすぎる~~~~っ!!p(>_<)q
妹をとっても大事にしてるお兄ちゃんvv
違うなら違うって誰か言ってくんないと、どんどん中学生で妄想しますよ(笑)
あ、中学生同士なら『奈良さん』『白銀くん』でいいのかも^^

白銀の携帯番号を、勝手に唯に教える一八。
白銀『おい・・・』
教えるのが嫌なのかっ!?なんて失礼なんでしょう(^^;
一八はもちろん自分の番号も渡す。
一八『こっちが私、大河内一八の番号です!気軽にか・ず・や、と呼んで下さいっ!』
唯『じゃあ白銀くん、一八さん、ごちそうさま^^』
一八『聞いたか白銀!?か・ず・や・さ・ん~♪一八さんだよお前!はぁ~~~♪♪』
この時の一八がめっちゃツボでした(笑)
こんなに面白いリアクションをする一八の前で、一人暗~~い白銀。
白銀『・・・いずみ・・・』
やっぱりこの2人の関係面白いです(笑)
性格もテンションも全然違う2人なんだけど、それでも友達なんでしょうね^^
様子がおかしい白銀の事を、少しは心配してくれる、はず・・・・??(^^;
ここまで性格の差をつけたのは、絶対わざとですよね。
2人の性格が強調されて、すごく面白いと思いました!

シャワー室でイジメられる唯。
でも慰めてくれる仲間もいる。
『がんばれがんばれ!』いずみの言葉を胸に頑張る唯。

いじめ組の京子と里香が夜道を歩いていると、上から網が!?
そんなもんで2人を拉致するつもりか、南條くんっ!?

RQの楽屋に刑事がやってくる。
そこで唯は、いずみが自殺した事を知る。
いずみのRQとしての名前は『せせらぎ輝』
輝と書いてひかるですよ^^カワイッv

車に人だかりができている。
車の中をよく見ると、人の手とか、胴体とか・・・バラバラ死体だぁ~~~っ!!怖っ!!
でもそんなに血みどろではなかったです。
あんまりひどいと規制に引っかかるんでしょうね(^^;
白銀もその車を見て、慌ててそこから走り去る!
いじめ組のリーダー葉子を見つけて、後を追う白銀。なんかストーカーっぽい!?

取調べを受ける唯。
刑事『いずみの兄で、間違いないでしょうね・・・』
あぁっ!もう白銀くんが犯人にされてるっ!!
一八が唯を励ましにやってくる。
一八『白銀は、せせらぎちゃんのお兄さんだったんだ・・・それで復讐を・・・』
あぁっ!!一八まで疑ってるーーっ!!
友達じゃなかったのかよオイッ!!
唯『白銀くんは人殺しなんかしない。白銀くんを、信じてる』

運送業者に扮した男が、葉子を殴る。
トラックの運転席に乗り込む男と、隠れて荷台に乗り込む男。
一八が白銀に電話をかけると、その電話は逃走するトラックの中から聞こえた!
さぁ犯人はどっちだぁ~~!?

南條のアトリエに着いてからは、椿くんの狂気に溢れた熱演です。
スゴすぎて文章にできません!(逃げたっ!笑)
いや、色々書かない方がいいと思うんだもん。
ここまでイッちゃった演技はもちろん初めて見るんですが・・・マジで怖かったです(;_;)
葉子はやっぱりいずみの事件に関わっていた。
脅されてやったと言ってるが、本当かどうか?
恐怖のあまりに失神する葉子。
白銀『やめろっ!・・・・もう十分だよ・・・南條くん・・・』

よく考えたら、白銀は葉子が殴られる前に南條を止められたと思います。
でもそこで止めて騒いだら、そのまま捕まってしまう。
白銀も妹を死に追いやった犯人を許せない気持ちがあったのかなと思います。
事件の真相も知りたいだろうし・・・。
葉子が本当に暴行犯と繋がっていたのだとしたら、許せないですよね。
自分で殺したいかもしれない。
南條のアトリエに着いてから白銀が止めに入るまで、長かったですよね。
葉子の言い分を聞きながら、葛藤していたのかも。
『もう十分だよ・・・南條くん・・・』
その悲しすぎる声には、白銀と南條、2人分の苦悩が込められていた気がします。


続きは数日後(^^;
スポンサーサイト
<< ★永遠の御輝★ // HOME // ガラスのヒールに関して思う事 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://tsucchy.blog61.fc2.com/tb.php/137-bb37af58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。